副業-ホームページ制作・Webデザイン
副業-ホームページ制作・Webデザイン
ホーム > 02 > データ入力 商品情報入力は何故面倒なのか?

データ入力 商品情報入力は何故面倒なのか?

日本国内で流通している多くの商品は、どこのメーカーの何と言う商品かを識別するための数字の組み合わせによるコードと、その数値を会計時などに読み取る事ができるバーコードにより管理されています。


JANコードを利用した例では、国コードとメーカーコードに加えてアイテムコードなどを含めた8桁または13桁の数字で表わされています。
データ入力で商品情報入力を行う際は商品名や価格等とセットでJANコードをはじめとする識別コードが加わり、それらがすべて揃う事で適切な在庫管理や会計が行えるようになります。


商品の識別コードは今や流通の世界では欠かせない重要な役割を担っているため、正確を期さなければならないのはもちろんのこと、多数の商品の数列が並んだコードを連続的に入力するために大変な労力が必要になります。


また、前述の通り日本国内で流通しているJANコードでは通常タイプの13桁と短縮タイプの8桁のものが混在しているケースもあり、伝票上も混在していればミスの出やすいシーンであるため、より慎重で確実なデータ入力が求められます。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加