副業-ホームページ制作・Webデザイン
副業-ホームページ制作・Webデザイン
ホーム > 02 > データ入力 講演の音声入力とは?

データ入力 講演の音声入力とは?

データ入力の中で頻繁に行われているものの中に講演の議事録を作成することがあります。従来は講演内容を録音したテープを人間が耳で聞き、文字に書き起こすといった作業でしたが、最近では音声入力を用いて作成されることが増えてきています。


音声認識の進化によって、データ入力を音声によって行う事は非常に普及してきました。従来は認識誤りが多くワープロなどで書き起こす場合に比べ非常に多くの時間がかかっていたのですが、最近ではスムーズに入力できるようになりその速度も格段に向上しています。


しかし、講演内容を文字に書き起こす際には、話し言葉とは異なる表現が必要になります。また、余分な相槌や周囲の騒音などを混乱しないように記載する必要があり、音声入力においてもこの点を充分意識して行うことが必要になるのです。


そのため音声認識が格段に進化した現在であっても、講演内容を人間がいちど耳で聞き、その内容をわかりやすくまとめた形で音声で入力することが必要になります。そのため講演の音声入力は内容を録音したテープを再度まとめた上で音声で入力するという形になっているのです。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加